家族葬ってどんなものなの?

最近よく見聞きする「家族葬」とは、どういった内容の葬儀なのか、ご存知でしょうか?これは、儀礼的な参列者を廃し、身内や親族などごく親しい者のみで行う葬儀のことです。

文字通り、家族のみが参列する場合や、故人の親友など、故人と親しかった者が参列する場合もあります。また、一日目にお通夜を行って、二日目に本葬を行うといった、従来の形式と同じものもあれば、お通夜を廃して、一日だけで葬儀を終わらせる「一日葬」と呼ばれるタイプのものもあります。少子高齢化や核家族化が進んだ現在、昔は村などの地域社会全体で行っていた葬儀を、その規模のまま担うには、家族の負担が大き過ぎるため、こうした比較的規模の小さな葬儀を行う方が増えてきています。

家族葬は、従来の葬儀に比べると、比較的規模が小さくなるため、費用を抑えることができます。従来の葬儀だと、全国平均で約190万円となっていた費用も、家族葬だと、数十万円に抑えることが可能です。

こうした費用面のメリット以外にも、「知らない人がたくさん参列するよりも、親しい者だけでゆっくりとお別れをしたい。」や、「儀礼的なことよりも、故人らしさや自分たちらしいお別れがしたい」「かなり長生きしたため、故人の友人はもう亡くなっていて、参列する人がいない。」など、様々な理由から、家族葬が選ばれています。今後は、一層の非婚化や晩婚化が進み、少子高齢化と核家族化に拍車がかかると予想されるため、家族葬もますます増えていくと予想されます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *