家族葬を行う場合のマナー

故人の遺志やご遺族の意志で普通の葬儀でなく、家族葬にする場合、一般の方の参列、香典、供花、焼香、弔電などを辞退することが多くあります。

その場合はあらかじめ、家族葬であり、ごく近親の親族および友人のみで執り行うためそれらを辞退するというご案内を用意し、ご理解いただくのがマナーです。あわてて駆けつけてきてしまう方もいらっしゃるとは思いますが、きちんと説明し丁重にお断りし御帰宅頂くことが大切です。故人をしのんで駆けつけて下さる方々ですので、亡くなってからの印象が悪くなるのは避けたいものです。

お断りしてもどうしてもと香典を渡したがる方がいらっしゃったらある程度断ってもひかない場合、分かりましたとありがたく頂戴し、手間ではありますが後日香典返しを用意してお返ししましょう。また、故人が会社勤めなどをしていた場合は、会社にも一報入れるのがマナーです。当人が亡くなったため会社に行けなくなった事、家族葬であるため、社員の参列、香典、供花、焼香、弔電などを辞退させて頂きたいという事をしっかりと伝えましょう。

また、訃報をどの部署の人間にまでなら知らせてもよいかということもあらかじめ決めておくと会社の方にも親切ですし、御式で慌ただしい中慌てずに済みます。家族葬を行う場合、葬儀社にプランがある事がありますので活用するのもよいでしょう。ただし、大きな会社だから良いとは限りませんし、病院付の業者が良いともかぎりませんので生前にしっかりと下調べし、打ち合わせ、見積もりなどを出しておくと安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *