故人との別れの時間を多く持てる家族葬

家族葬は遺族や身内のみで執り行われる葬儀スタイルを意味します。

密葬も身内のみで行われる葬儀ですが、密葬の場合葬儀とは別に一般の参列者向けに「故人を偲ぶ会」等が執り行われます。そのため、あらかじめ多くの参列者が予想される場合は混乱をさけるためにも密葬という形をとる場合が多くあります。家族葬の最大の特徴は、参列者がいないため最期まで故人と別れる時間をゆっくり持つことができることです。弔問客の対応に追われることがなく、より故人や遺族の希望に添った葬儀スタイルにすることが可能です。

家族葬といっても、あらかじめ葬儀に招く人の範囲を決めておくことが大切です。同居している家族のみで行うのか、同居にこだわらず近親者までなのか、親族を呼ぶのかという点を喪主や遺族の間で決めておきましょう。後々のトラブルを避けるためにも、葬儀を行う前に周囲にしっかりと説明しておくことも大切です。特に遺族が知らない故人と親しかった友人がいる場合もあるため、葬儀後の訃報には「故人の意向で」という一文を入れるようにしましょう。

また、弔問客の訪問を断るためにもあらかじめ香典や弔電などの断りを文書で周囲に知らせるようにしましょう。「故人の遺志により、誠に勝手ながらご香典、ご供花、ご供物の儀は、固くご辞退申し上げます。」というような内容で、丁寧に知らせます。家族葬は一般的な葬儀と比べると、費用も低く故人との別れの時間を多く持つことが出来ますが、行う場合は周囲への連絡をしっかり行うことが重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *