家族葬とはどういう葬儀なの?

最近増えてきた「家族葬」というものについて、どのような葬儀なのか、ご存知でしょうか?これは、儀礼的な参列者をなくして、家族などのごく親しい者のみで行う比較的小さな規模の葬儀のことです。

文字通り家族のみが参列する場合もあれば、故人の親友など、親しく付き合っていた方が参列する場合もあります。また、従来通り一日目に通夜を行い、二日目に本葬を行う形式のもの以外にも、通夜を廃して、一日で葬儀を行う形式のものもあります。ひと昔前は、葬儀と言えば地域ぐるみで大々的に行うもので、「いかに豪華な祭壇か」や、「いかに多くの参列者が来るか」で、故人を悼む気持ちの度合いを表していました。

しかし、昨今は、少子高齢化や核家族化が進み、また、個性を大切にする世相を反映して、「形式ばかり大規模な葬儀よりも、自分たちらしい形式で、ゆっくりとお別れがしたい」や「よく知らない方に囲まれて緊張するより、家族だけでしみじみとお別れがしたい」と思われる遺族が多く、家族葬のような小規模な葬儀が増えてきています。自分たちらしいお別れができる他、家族葬だと規模が小さくなるため、葬儀の費用を抑えられることも、家族葬が支持を得ている理由のひとつです。

今後は、一層の少子高齢化や核家族化が進むと予想されており、また非婚化と晩婚化の傾向が続いて単身の世帯が増えると予想されているため、家族葬のような比較的小さな規模の葬儀も増加傾向にあると言えます。
茨城の家族葬のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *