家族葬というあり方について

家族葬という葬儀スタイルを選択する人が多くなっています。

家族葬とは一般葬儀よりも規模がコンパクトであり、時には血縁者やごく親しい親族のみで故人との別れを偲ぶ事が出来るとして、葬儀での弔問での遺族の負担を軽くするという点で注目を集めています。また葬儀自体がコンパクトであるので通常、一般の葬儀では200万円程度かかる費用もかなり抑えられて、数十万円程度で済む点も残された遺族にとって金銭的な負担を軽くする点が注目されています。家族葬は多くの葬儀会社で取り扱っているプランで年々増えています。

勘違いされやすい点に家族以外の人は葬儀に参列できないかといえばそうではなく、規模がコンパクトになっている為、人によっては友人らの参列もするケースもあります。どこまでの間柄まで訃報を知らせるかは故人や遺族の意向が大きい為、しばし親戚間でトラブルになる事も家族葬でのデメリットでもあります。故人が遺族の負担を考えて家族葬を望んでいても、後日訃報を知った友人らが弔問に訪れる事もあるので遺族にとってはまた悲しみを思い出させてしまう事もしばしあります。

辞退の流れや家族の在り方など葬儀スタイルの変化も年々変化がありますが、これまで通りの一般の葬儀スタイルを常識と考えている人も多い事は事実です。特に地方などでは親戚やご近所で葬儀の手伝いなどをする為、家族間だけでひっそりと葬儀をするスタイルはまだまだ受け入れられていない事も事実でしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *