家族葬のメリットとデメリット

現代人の生活スタイルや価値観の変化によって、冠婚葬祭の形も多様化してきました。

家族葬で葬儀を行う遺族が増えてきたのも、その傾向のひとつです。冠婚葬祭にかける費用は減少傾向にありますが、その結果小規模で行えるスタイルに人気が集まっているのでしょう。家族葬を行う一番のメリットは、金銭的にも精神的にも遺族の負担を減らせるということです。参列者を近親者に限定できるため、故人との思い出を共有できる少人数の方々でゆっくりとお別れをすることができますし、香典返しなどの返礼品を用意する必要も無く、参列者がはっきりしているため予算も立てやすいです。

自分が喪主となって家族葬を行う場合、まずはどのような式にするのかということを考えます。明確に決まったルールが無いので、基本的には遺族の裁量に任せられますが、配慮しなければならないことは当然あります。菩提寺がある場合は、お寺ともよく相談して決める必要があります。故人の高齢化や、親戚、ご近所とのつきあいが減っていることなどから、この先さらに家族葬の需要は高くなっていくはずです。

しかし、この葬儀のスタイルが多くの遺族に選ばれている一方、世の中にはまだまだ浸透していないのが現状です。そのことで「家族だけで行いたい」という意図が伝わらず、拒否しても参列に訪れてしまう方がいたり、参列を拒否した親族とトラブルになってしまうなどの問題を生じることがあります。このような想定外の事態が起きてしまったり、思わぬ出費になってしまいかねないことが、まだ新しいスタイルゆえのデメリットと言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *