西宮でも葬儀のタイプは選択できる

西宮で葬儀を行うときには、葬儀会社と相談してどのようなタイプのお葬式を行うのかを考えなければいけないです。

西宮ではお葬式のタイプがだいたい4種類くらいあります。まず、一般葬、家族葬、直葬、一日葬です。もちろん、これは西宮以外の地域でも同じで、葬儀はご遺族が決める、または生前に故人が希望している場合もあるといいます。一般葬は昔からよく行われていたお葬式のタイプなので参列したこともある人も多いタイプだといえます。故人を偲んでくれる人たちにみおくられることができるのでとてもよいのですが、ご遺族には少し負担になることも多いといいます。

最近は家族葬という、家族だけで故人をみおくるタイプのお葬式です。ご遺族の希望に合わせて、参列してもらう人をある程度選ぶことができるのが選ばれることが多い理由だといえます。ほとんどの場合、ご遺族だけ、または少人数の親族や知り合いでのお葬式になるといいます。直葬は、亡くなった場所、たとえば病院からそのまま火葬場へ行くことになります。

後日、改めてお葬式を行う、という場合に選択されることが多いということです。一日葬は、亡くなって一日でお葬式を行う、ということではなく、お通夜やお葬式を一日で終わらせる、ということで、いつ行っても一日で終わらせる場合は、一日葬といいます。葬儀のタイプはさまざまですが、故人を偲び、ゆっくりとご遺族が故人との思い出に浸り、みおくることができることが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *